C言語を始めて誰もがつまづき多くの人を挫折させてしまうのがポインタの概念です。
私も最初サッパリでした。私がポインタを使えるようになった時の経験談をします。
ポインタの説明自体はたくさんの解説書がありますので省かせて頂きます。


私は専門学校でゲームプログラミングを習っていました。
このポインタってやつは難しくてしかも何の為に覚えなきゃならないのか分かりませんでした。

ちょうどその辺りの時に先輩からキャラクタにマリオのようなジャンプをさせるアルゴリズムを教えてもらいました。私はマリオのようなアクションゲームを作りたかったのでポインタなんか使えなくても良いからとにかくゲームを作ろうと思って関数や配列の使い方もおぼつかない時期からアクションゲームを作り始めました。

作り込むにつれソースコードはどんどん長くなり管理しにくいものになっていきました。
そうして作ったプログラミングは後から見直すと同じような処理を何度もコピペしてできたソースコードになっていました。

同じような処理はまとめて書きたいと思うようになり関数や配列の使い方を工夫してポインタもよく分からないけど使っているうちにその利用価値がだんだん分かってきて概念も知りたくなりそこでやっと真面目に勉強しました。


入門書の真ん中くらいででてくるポインタは関数や配列と同じくらい重要な技術で、以降の解説に必要になるからでてくるのですが入門書の真ん中ででてくる程度の規模のサンプルプログラムではほとんど利用価値が無いのです。

文法だけなんとなく頭に入れてとりあえず作りたいプログラムを作り始めましょう。
そうしてもっと手短に汎用的に書きたくなったらその時にポインタを覚えましょう。

ポインタが理解できないのはあなたが悪いわけでも入門書の解説の仕方が悪いわけでもなく、単純に順番が違うのです。


※ 2014/01/15 追記
順番が違うというのも語弊があるかもしれません。プログラミングは実際に書いてビルド&実行して確かめるっていうのが一番手っ取り早い事が多々あります。何か作りたいものがあれば作ってみるのも良いし、そういうのが決まって無ければ実践的で実用的な課題を用意するのも良いかもしれません。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 nocchi* ゲーム制作メモ all rights reserved.
プロフィール

nocchi*

Author:nocchi*
ゲーム制作してます。楽しみながら制作していきたいと思います。
Home Page
Twitter
Pixiv
SoundCloud

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード

QR

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: