一か月早いですね。もう一年の12分の1が過ぎました。

来月は、

実際にやったこと
具体的なテクニック
ゲームの進行状況

といった記事をもうちょっと増やしていきたいなって思います。

※ 拍手コメントお返事

テーマ:ゲーム開発 - ジャンル:コンピュータ

スポーツの試合でも何でも流れはとても大事。ちょっとしたことがきっかけで良い方向にも悪い方向にも流れが変わることがあります。諦めてしまったら小さなきっかけすらも生まれなくなる。

ただ待っていても試合終了までにきっかけは起こらないかもしれない。それなら自分で小さなきっかけをたくさん作っていけば良い。

きっかけも大事だけど、調子がでてきた時に慢心してしまうと結局チャンスを掴み損ねることがありそう。うまくギアチェンジしないと。そして運には頼り過ぎないこと。自信を持てるようになるには経験値を上げるしかないかも。

うまくいかないと思ったら原因を突き止めて逆を考えてみたら活路を見いだせるかもしれません。

女神

※ 2014/02/05 誤解を招きそうな表現がありましたので文章を多少修正しました。

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

急な予定変更に対応できない。どうしたら良いかな。
予定を立て直す、元の予定のことは考えずに新しい予定を実行する。

分かってても難しい。今度から頑張ろう!


※ 2014/01/29 追記
アスペルガー症候群っていう原因もあるみたいですね。他の原因の可能性もある。パニックになったりはしないですがたまに気持ちが落ち着かなくなることがあります。いずれにしても今度から頑張るっていうのは、『今度』が来た時に同じことを繰り返す可能性大だ。変更を拒むっていう選択肢もあるけど時には回避できないケースもあるだろう。ちゃんと対策を考えておこう。とりあえず思いつくのは

- 事前に変更があった場合のことを考えておく
- いったん落ち着く
- 予定に対してこだわり過ぎない
- 受け入れる
- 気持ちを切り替えて行動する


一番楽なのはテキトーになることかもしれません。いつもテキトーな人は嫌ですが、柔軟さと芯の強さ両方を兼ね備えてこそ完ペキ超人への近道!完ペキな人間等つまらないですがね。言ってることがすでにテキトーなので私の心配は要りません( *´艸`)

テーマ:ゲーム開発 - ジャンル:コンピュータ

昨日はフリーダムな日にしたけどやっぱり一日の中で何かテーマ決めた方が頑張れるなと思いました。昨日から今日にかけて結局だらだらしてしまった。

起きる時いつも寒いなって思ってとりあえず雪だるまを描いてみました。多分こっちはまだ雪降ってないです。

雪だるま

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

今日はフリーダムな日にしました。特にテーマを決めず自由に好きな事をする日です。


新しいマウスを買いに家電屋さんへ行ってきました。レーザー方式で有線のマウスを買いました。Bluetoothは相性が合わないと(バージョンや規格が合っていても)うまくペアリングできない事がある(使っている外付けの受信アダプタが悪い気がしています)のと、軽いマウスの方が好きなのです。


昨日の絵にササッと色付けてみました。なんか迫力出てきたな。履歴書の写真のところにこの絵を貼り付けて面接に行けば悪の秘密結社に入社できるかもしれません。

ueイメージイラスト悪2

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

今日も絵を描く日にしました。

悪役のイメージを描いてみました。斜線で影を少し入れてみたのですが酔っ払いのおじさんに見える!?時間があまり取れませんでしたので線画のみです。

ueイメージイラスト悪

原作ありの作品を作る際にどうしても原作ファンの評価を意識し過ぎてしまい、原作の再現率を気にしてしまう事があると思うのですが、映画、ゲーム、アニメ、マンガ、小説、それぞれの良さや作り方があると思いますので、持ち味を生かして原作を良い意味で壊したものを作っていってほしいなって思いました。

でもたまにぶっ飛んだ作品も欲しいです、、、(´・ω・`)

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

今日は絵を描く日にしました。

以前、ゲームのイメージイラスト的なつもりで描いた絵の雰囲気を変更してちょっと洋画チックにしてみました。

ueイメージイラスト改1

最近、ほぼ毎日レンタルDVDで映画観てます。時間を有効的に使いたいのでご飯を食べている間とかにちょっとずつ区切って。ゲームの参考にしたいというのもあって主に洋画アクションです。

映画を観るとその映画をテーマにしたゲームを作ってみたいなってよく思います。個人的には最近よくある原作の世界観を追体験できるというものよりもファミコンの頃によくあった原作の雰囲気をぶっ壊したものが良いです。


※ お知らせ
- ブログが1000HITを達成しました(∩´∀`)∩ いつも見に来て頂いてありがとうございます!
- 波田野剛望さんのブログをリンクに追加しました。このブログを始めるきっかけになったブログです!

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

昨日に続き、プログラミングの日。

主に昨日のAndroid版への反映時に発生したバグ修正とそれに絡む変更をやりました。
Windows版でもスリープからの復帰時の処理を修正。

オブジェクト指向やポインタを駆使すると汎用的な書き方ができる反面、可読性が下がる事もありますのでうまくバランスを取りたいです。できれば久しぶりに見てもすんなり理解できるソースコードが良いと思う。

複雑なところは説明コメントをしっかり入れて、場合によっては簡単な説明図も作りたい。

自分が作ったプログラムのデバッグ作業中はかなり集中できます。

テントウムシ

テーマ:ゲーム開発 - ジャンル:コンピュータ

アンドロイドちゃんVer3

今日はプログラミングの日にしました。

今作っているゲームはAndroid用アプリとして作っているのですが共通するソースコードはWindowsでもコンパイルできるように設計してあって、いつもはWindows版でコーディング、テストして、たまにAndroid版へ変更を反映させて動作確認をするというやり方をしています。

最近ずっとAndroid版への反映をサボっていたので、今日反映させました。完全にクロスコンパイル環境というわけでは無く、共通部分のソースコードとデータをコピーして追加ソースがあればAndroid版の方のmakeファイルを修正します。

タッチ用に作っているインターフェースなのでマウスでの操作よりもタッチ操作の方が良いです。Windows版はAndroid端末を持っていない人でもどんな感じか試してもらう程度に思っています。

テーマ:ゲーム開発 - ジャンル:コンピュータ

今日美容院行ってきまして、置いてあった観葉植物を見て唐突に部屋に緑欲しいなって思いました。

葉っぱ


最近どうも作業の進捗が悪くて、やる気の問題なのかなんなのかなって思っていました。

askaさんのブログ記事(http://awol.blog.fc2.com/blog-entry-218.html)を読んでいて、多分最近毎日絵を描くようになってプログラミング作業との頭の切り替えがうまくいってないんじゃないかなと考えました。

以前書いた記事(http://breaktheloop.blog.fc2.com/blog-entry-47.html)で、プログラミングの作業と絵を描く作業の切り替え方について書かせて頂いたのですが、勢いがついて楽しくなっている作業から他の作業への気持ちの切り替えはやはり大変かもしれません。

せっかくの勢いをころしてしまうことにもなりそうなので予定と違っても継続する方が良い場合もあるかも。予定自体をそのように組めれば良いのですが気分とはその時によって変わることがあります。

やることリスト内でカテゴリを分けておいてその時にやりたいことをやるようにするか。そうすると苦手意識の高い項目が最後に残ってしまいそうだ。

askaさんのように週単位で切り替えるっていうアイデアは良いなと思いました。ただ私の場合、一週間プログラミングを停止するとエンジンかかるのに時間がかかってしまうかも。一日あるいは数日単位で切り替えるようにやってみます。


※ お知らせ
- askaさんのブログをリンクに追加させて頂きました。
- リド・カインさんのブログをリンクに追加させて頂きました。
- ぽにんちょさん、また気が向いたらここに遊びに来て下さいな。


※ 拍手コメントお返事
> ねこかんぷろじぇくとさん

私は絵描いててどうしてもうまくなりたい、難しい構図も描けるようになりたいって思って人と比較して辛くなる事があります。でも絵や文章や音楽は伝えたいことが伝わったならそれだけで素晴らしいですね。ねこかんぷろじぇくとさんを少しでも癒すことができたのなら私は私の絵を誇りに思います。

テーマ:ゲーム開発 - ジャンル:コンピュータ

Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 nocchi* ゲーム制作メモ all rights reserved.
プロフィール

nocchi*

Author:nocchi*
ゲーム制作してます。楽しみながら制作していきたいと思います。
Home Page
Twitter
Pixiv
SoundCloud

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード

QR

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: